FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 

CASA BAUZA訪問 【Chile2017】

ブエンモストで扱っているワインのひとつ、"Blend"ブレンドを作っているワイナリーCasa Bauzaカサバウサを訪問しました。

 CASA BAUZÁ Presentation 2016 ENG-1 IMG_0417.jpg


Casa20Bauza20ensamblaje-320x320_201710251312320e8.jpg

Bauza Familyは1925年から、チリ北部のLimariリマリヴァレーでぶどうの蒸留酒のPiscoピスコや、Pajarete(PAXARETTE)パハレテと呼ばれる甘口ワインを作り、海外にも輸出をする事業をしていました。

BAUZÁ Presentation 2016 ENG (002)-15  

Pisco↓
bauza-aniversario-pisco-320x320.jpg 
Pajarete↓
bauza-late-harvest-2011-320x320.jpg 


1996年にLorenzo Bauza氏が現在ワイナリーのある場所、Maipoマイポヴァレーの北部のTiltilティルティルの畑を買い、1998年よりスティルワイン用にオーガニックぶどうの栽培も始めました。

CASA BAUZÁ Presentation 2016 ENG-4 

このTiltilティルティルですが、MaipoNorteマイポノルテと呼ばれる首都サンティアゴの街より北側、Aconcaguaアコンカグアヴァレー寄りに位置しています。

(がTilTilです)
mapa tiltil

mapa tiltil (2) 
(Wines of Chile)

海抜525mと標高は高くないものの、日較差(昼と夜の気温の差)もしっかりあり、ぶどう栽培には非常に良い環境です。


ここでは、醸造家のNatalia Pobleteナタリアがワイナリーを案内してくれました。

同年代の女性同士いろいろと話し込んでしまい、横道に逸れることも多々ありましたが、
とても刺激を受けたいい一日となりました。

winemaker-03.jpg

中に入ると、お仲間たちが月に一度の作業中でした。
樽を清潔に保つために、空の樽の中を燻しています。

IMG_5565.jpg

エチケット貼りもすべて手作業です。

大手とは違い、まだまだなにかとマニュアルな部分が多いですが、皆さん楽しそうに作業されていて、チームバウサの雰囲気の良さを感じました。

Bauza ラベルはり  

Casa Bauzaでは二種類のスティルワインを作っています。
"Blend"と"Presumido"です。
どちらもカルメネールがベースとなっています。

ボトルではこちらをティスティングさせてもらいました。 

①Blendブレンド2015
Alc.13.6%
とってもフルーティーで、チェリーの香りが強く出ていました。
2015年からブレンドにPetit Verdotを追加したそうです。
ボトリングしたばかりだから、少し寝かせて落ち着かせる必要があるが、今の状態でこの美味しさ。
落ち着いた時が楽しみで仕方ありません。

②Presumidoプレスミード2015
こちらも 8月にボトリングしたばかりだそう。
2014年は甘みが印象的でしたが、それと比べると2015年は辛口感増した気がします。

IMG_5577.jpg

この2本にも使われているベースのカルメネールは、ワイナリーから2kmほど離れた畑で採れた樹齢19年のオーガニックぶどうを使用しています。

IMG_0167.jpg 


ボトリング前のサンプルもテイスティングさせてもらいました。

①FlexCubeに入ったCarmenereカルメネール2016

写真を撮り忘れてしまったので別のワイナリーで撮影したFlexCubeの写真ですが、ご参考まで。

 IMG_5530.jpg

②卵型コンクリートタンクに入ったCarmenereカルメネール2017
最近Sonomaから届いたそうです。中央にCasa Bauzaの名前入りだと嬉しそうに教えてくれて、ナタリアもとてもお気に入りの様子でした。

IMG_5559_201710251339526ae.jpg  

③Foudre(オーストリア)Carmenereカルメネール2017
こちらも今年購入したそうです。

④Foudre(オーストリア)CabernetFranc2017
こちらの大樽も今年購入したそうです。
中に入っているCabernetFrancは買いブドウですが(樹齢20年、Maipo)、もう少し時間をおけばかなり良いものになりそうです。

⑤Foudre(イタリア)Carmenereカルメネール2017
こちらも今年購入したそうです。

⑥Foudre(イタリア)CabernetSauvignon2017
こちらの大樽も今年購入したそうです。
そして中に入っているカベルネソーヴィニオンですが、いつもは自分たちで作ったぶどうを使うそうですが、2017年は思うようなものではなかったのでMaipoAltoから買ったそうです。(樹齢13年、収量8000kg/ha)

IMG_5568.jpg

⑦大樽(ADOUR)Carmenereカルメネール2017

IMG_5572.jpg

⑧木樽Petit Verdotプチヴェルド
Petit Verdotプチヴェルドは2014年、2015年と作ったけれど、3回目の今年でようやく納得のいくものができたようだと、醸造家のナタリアが満足そうな様子で語っていました。

IMG_5573.jpg


これらが熟成後どう変化するのかも楽しみです。

 


こんなにもたくさんテイスティングさせてもらったにも関わらず、
サンティアゴに戻ったその夜、レストランでまたバウサを注文してしまいました。笑

アルゼンチンステーキの名店、Happeningハプニング

IMG_5308.jpg 

ワインリストには100以上のワインが載っていたかと。
赤身のお肉とも会う、単体でも進む進む。

さらに虜になってしまいました。笑

IMG_5585.jpg

 にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Category : Maipoマイポ
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。