FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 

チリのICONワインセミナー

先日開催されたWINE TOKYOで行われた田辺由美さんのチリのアイコンワインのセミナーに参加してきました。

1-IMG_1200.jpg

9-IMG_1198.jpg

田辺由美さんは、このセミナーの前日スペインから戻られたばかりだそうですが、お疲れのご様子など全くなく、本当にパワフルな方だなーと改めて感じました。

この日は季節外れの日射量と28度の暑さ。
現地に着くまでに、暑さでふらふらするわーと弱音を吐いていた私、反省です。笑

「進化するチリワインの現状と産地」というタイトルでスライド20枚くらいを見ながらお話を伺いました。

6-IMG_1213.jpg 5-IMG_1209.jpg    

最初は数字が並び、チリワインのビジネスの現状についてご説明がありました。

こういう数字を見ると、いつも2011年頃からの伸び方に驚かされます。

確かに、実際チリに住んでいて、そのころからチリ国内のワイナリーや一般消費者の様子もわかりやすく変化していて、

一般のビジターを受け入れるワイナリーが増えたり、
ワインを楽しむようなバーや、
ワインに興味を持つ人が増えたりと、

これが数字に現れるとこんなにも大きなものになっていたんだとこれを見て再確認することができました。

皆さんご存知のように、日本のワインの輸入量はチリワインが2年連続TOPとなっています。(記事はこちら
 
そしてチリ側から見ると、
最大の輸出国はアメリカですが、
2位 UK、
3位 中国、
日本は4位となっています。

チリにとって日本は重要な輸出国のひとつとなっています。

しかも日本への輸出量は年々延びています。

2007年にEPA(二国間経済連携協定)が結ばれ、現状でも他国に比べると関税は低減されていますが、2019年関税が0になる予定です。

これも弾みになり、今後も日本に多くのチリワインが入ってくるのではないでしょうか。


しかし課題とされているのが単価の安さです。

ボリュームでいうと一位ですが、金額の面で行くと一位は変わらず、フランスのままです。
やはり安いチリワインのイメージが強く、輸入量が一位だからといってそれに比例して金額も一位とはならないようです。


このセミナー内でご紹介されたアイコンワインたち。

【ICON WINE】
-Seña
-CHADWICK
-Altair
-Casa Marin Lo Abarca Hills PN
-Lapostolle Clos Apalta
-Montes Alfa M
-Neyen
-Matetic EQ Syrar
-Almaviva
-VIK
-Concha y Toro Don Melchor
-SantaRita Casa Real
-Errazuriz Don Maximiano

どれも大好きなワインたちです。

もしどこかで出会ったら飲んでみてください。
チリワインのイメージが少し変わるかもしれません。


 にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。