FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

LomaLarga訪問【Chile2017】

LomaLargaロマラルガというワイナリーにも行ってきました。

IMG_4989.jpg

ここもチリに住んでいた頃に何度も足を運んだ大好きなワイナリーです。

居心地も抜群ですが、とても美味しいのにお手頃、家飲みにぴったりなワインが揃っているのもお気に入りのポイントです。

チリだからお手頃ワインがほとんどでは?と思われがちですが、お手頃ワインは沢山あれど、おいしさとお値段のどちらにも満足するものはチリでもなかなか出会えません。

因みに、今まで出会った750ml入りワインの最安値は日本円で約150円でした。(そのときの記事はこちら


と、話が逸れましたが、、、
LomaLargaロマラルガですが、カサブランカヴァレーにあります。

カサブランカヴァレーのメインの通りから少し奥に入ったところにあり、こじんまりしたとても静かでよいところです。

IMG_4987.jpg

IMG_4942.jpg

畑や施設内は特に変わっていませんでしたので、さらりと。

IMG_2577.jpg

IMG_2567.jpg

IMG_2579.jpg

唯一の変化はこちら、Espumanteスパークリングワインが増えていました。
カベルネフラン100%で、トラディショナル方式で作られています。

2018032122070512e.png

IMG_2581.jpg

IMG_2580.jpg

外のリラックスした雰囲気の中でテイスティングさせてもらいました。

IMG_4979.jpg

IMG_4962.jpg

IMG_4960.jpg

テイスティングシートを見て、詳しいお話を聞きながらのティスティングも好きですが、何度か来ているここでは、のんびりテイスティングの方がこの時の気分にもぴったりで、更に楽しい時間となりました。

フラッグシップのLomaLargaロマラルガ、どの品種もよいのですが、私はシャルドネ、ピノ、カベルネフランが特に好みでつい手が伸びます。
そしてLomas del Valleロマスデルバジェのラインはロゼに惹かれます。
このブルーとピンクのステキな組み合わせの外観も好みです。

2018032122070870b.jpeg

今回もきれいだなーと眺めていたのですが、以前にワイナリーを訪問した時のブログにも同じことを書いていました。
(その時の記事はこちら

数年の時を経て、私の好みも変わりませんでしたが、ロマラルガも変わりなく、相変わらずステキな雰囲気のあるワイナリーでした。



スポンサーサイト
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Altair訪問 【Chile2017】

CachapoalカチャポアルヴァレーにあるAltairアルタイルにも行きました。

20180227174550593.jpeg
(http://www.sanpedro.cl/)

ここはワインもさることながら、居心地の良さが大好きなワイナリーです。

ここに来ると、この雰囲気に癒され、悩みも飛び、すがすがしい気持ちになる、チリで一番好きな場所です。

約二年ぶりの訪問でしたが、大きな変化はなく、相変わらず癒し効果抜群のパワースポットでした。

2018022717383438d.jpeg

場所はD.O.Cachapoal-Andes(Rapel Valley→Cachapoal Valley→Andes、ラペルヴァレーのカチャポアルヴァレーの山側のこと)です。

カチャポアルには、Costaと呼ばれる海側の地域はないので、EntreCordillerasエントレコルディジェーラス(山脈の間)とAndes(山側)のどちらかになります。

201802271738527f4.jpeg

施設や畑も大きな変わりはないということでこの辺りはさらりと見せてもらい、足早にアサードのスペースへ。

201802271738508b1.jpeg

201802271738494ef.jpeg

20180227173855dbb.jpeg


ここでのアサード(チリ式BBQ)を何度思い出したことか❤︎

20180227173853626.jpeg

20180227173852d1f.jpeg

20180227173844fd6.jpeg

201802271738406dd.jpeg

2018022717383427e.jpeg

眺望や雰囲気も最高ですが、サービスする方の気遣いやタイミング、そしてお料理たちもおいしくて、すべてがうまくそろっているのです。

20180227173832598.jpeg

20180227173837d71.jpeg

2018022717384077c.jpeg

20180227173846f78.jpeg

2018022717384600c.jpeg

SanPedroグループに加わってから、昼食に出てくるワインもAltairとSideralだけではなく、グループの他のワイナリーのものも頂けるようになりました。

Altair 2011
この年はカベルネソーヴィニヨン59%、シラー21%、カベルネフラン15%、プチヴェルド5%で、新樽と2年目の樽とを半々で、12カ月熟成。

20180227173858e72.jpeg

Sideral2015
この年はカベルネソーヴィニヨン81%、カベルネフラン7%、カルメネール7%、シラー3%、プチヴェルド2%で、新樽~4年目の樽までバランスよく混ぜ、12カ月熟成。

20180227173837b55.jpeg

2015年のものからSideralのエチケットが変わりました。
Altairのデザインに近くなって、セカンドラベルとして印象に残りやすくなった感じがします。

Before 
Sideral Old 


After
IMG_5047_2018022701132235d.jpg

Cabo de Horno 2013
カベルネソーヴィニヨン100%、フレンチオーク樽で18カ月熟成。

20180227173856213.jpeg


また恋しくなって癒されたい気分ですが、私のパワースポット、気軽に行くには遠すぎます…。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Pulso訪問【Chile2017】

ブエンモストで扱っているワインの一つPulsoプルソを訪問しました。

今回案内してくれたのは醸造家のXimena Pacheco ヒメナ パチェコ。

2018020408333260c.jpeg


人の良さが溢れ出ていて、とても聡明で、初対面なのに話しやすくて、なんだか落ち着く素敵なオーラを持った女性でした。

ハンガリー、アルゼンチン、フランス、アメリカ、チリ(Montesモンテス、Vina Casablancaヴィーニャカサブランカ)など、世界各国で経験を積んだ後に、Pulsoを設立したそうです。

しかしながら、Pulsoは年間生産本数3500本と少なくまだ大きなスペースを必要としないので、醸造施設、保管場所はとあるワイナリーの一部を間借りしています。

今回はそちらのワイナリーにお邪魔して見学させていただきました。

IMG_5532.jpg

IMG_5524.jpg 

IMG_5523_201802032351259cd.jpg

そしてこの辺りがプルソコーナーです。

IMG_5528.jpg

収穫時期は大体3月2-3週目くらいだそうですが、それより若干早いもの、遅いもの、通常のもの、
果梗を混ぜるもの混ぜないもの、熟成容器のタイプ、などなどそれぞれをテイスティングさせてもらいました。

プラスチックの卵型タンク。

IMG_5529.jpg

FlexCube。
Bauzaでも使っていたこのCube。流行り?と思っていたら、Pulsoプルソの醸造家のXimenaヒメナとBauzaバウサの醸造家のNataliaナタリアはMejor Amiga(親友)だそう。
情報交換もよくしているそうです。

IMG_5526.jpg 

オーク樽。
樽からの風味をあまりつけたくないそうで、新樽は使わず、5回以上使用した樽を使います。

IMG_5525.jpg

そして瓶詰めされたものはティスティングルームでいただきました。

IMG_5533.jpg 

Pulsoの品種はMalbecマルベック100%です。

一般的にMalbecマルベックと言えば、アルゼンチンのイメージをお持ちの方が多いと思いますが、
意外とチリでもマルベックを生産しているワイナリーはあります。

そのうちの多くは、熟した黒い果実の風味のフルボディに仕上がった、伝統的な力強いイメージのマルベックなのですが、Pulsoプルソはさわやかな花の香りや赤系果実の風味を持つエレガントなタイプの仕上がりになっています。

IMG_5537.jpg 

畑のあるColchaguaValleyコルチャグアヴァレーは日照量の多い地域ですが、
Pulsoを作っているLololロロルのエリアは、縦割りではCostaコスタと呼ばれる海側に分類される海岸から35㎞の地点にあります。
1439489931005.png
(http://www.pulsowines.com/)

がLololです                    
fondo-todos-areas.jpg
(http://winesofchile.org/)

午前中はアンデス山脈からの山風、午後は南極からフンボルト海流に運ばれてきた冷たい海風が吹きこみ、畑に冷涼効果をもたらしています。
アルゼンチンのように標高は高くありませんが、標高に代わる冷涼効果により、酸もしっかり保ちつつ、緩やかに熟成し、高い品質のブドウを作ることができるのです。

彼女は5年の歳月をかけてチリのあらゆる場所を調べ、そしてこのLololロロルの地と出会い、この畑に自分の情熱を注ぎこむことを決めました。
そしてこの場所に最も適した品種は何か考え、まず最初にマルベックを作ることにしたそうです。

pulso.jpg

このマルベックのファーストヴィンテージは2013年で、順を追っていくと2年目は2014年、3年目は2015年(2017年1月にボトル詰め)、そして2016年ですが、この年のぶどうは求めているものと違う!!ということでPulsoを作ることを断念し、ぶどうはほかのワイナリーに売ってしまったそうです。
ということで4年目は2017年、現在熟成中のものになります。

『そんなに完璧なものにしなくともある程度のものはできたのでは?』と頭をよぎってしまいましたが、
目先の損得勘定に流されない、Ximenaのこだわりに安心感を覚えました。


IMG_5535.jpg  

現在は、畑の一部でほかの品種も栽培しています。

CabernetFrancカベルネフランで造ったワインも好評だそうで、チリの有名店"BORAGoボラゴ"で全て買い取りたいと熱烈オファーが来ているそうです。

このBORAGoはチリのベストレストランでは1位、南米のベストレストランにも例年5位以内には入るチリではとても有名なレストランです。

latam-2017-logo.png

独創的な見た目で、目でも舌でも楽しめるお料理に、チリワインとのマリアージュも堪能できる素敵なお店です。
(BORAGo訪問の記事はこちら

そんな様子で、残念ながらこちらのファーストビンテージはチリから出る間もなく、売り切れてしまいそうです。。。

IMG_0008.jpg 

今回訪問して、お話してみて、Ximenaヒメナがワインに惜しみなく愛情を込めて育てている様子がひしひしと伝わってきました。

そして、生産本数が多くないので広がりは緩やかにではありますが、PULSOプルソのワインの良さが認知されてきているように感じます。

彼女のひたむきな努力が徐々に実を結び、大きく花開く日も遠くないなと思いました。

本当におすすめの一本です。

FullSizeRender-2c_b.jpg 

現在ブエンモストで扱っているのはマルベックの2013年のものです。

プルソ マルベック 2013 コルチャグコスタ ロロル
手摘み収穫、天然酵母、12カ月熟成
はつらつとした酸、赤系果実、花の香りを感じるエレガントな仕上がりのワインです。

Ximena y Pulso30577

機会があればぜひぜひ味わってみてください!!

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Catrala訪問 【Chile2017】

ブエンモストで扱っているワインの一つ、Catralaカトララのワイナリー訪問しました。

IMG_7534.jpg

カサブランカヴァレーの中でもさらに冷涼なオロスコLo Orozcoというエリアにあります。

がLo Orozcoです)
20171205004927106.jpeg


見晴らしの良いメインの通りから、だんだん大きな木に囲まれ始めて、カサブランカのイメージから離れた大自然の地にCatralaはあります。

到着して、門からワイナリーの敷地に入ったあとも、建物までの道のアップダウンの激しさに、何回四駆でよかったーという言葉が漏れたことか。

fotos20.jpg

まず感じたのは空気の濃さ。

そして無音の中で、唯一聞こえる鳥の鳴き声。

マイナスイオンしかありません。

一瞬で癒されました。

fotos9.jpg


『シーンとしている中にピヨピヨって音だけが響いて、空気がおいしくてしゃんとしている感じ。』



…悲しくなるほどの文才の無さでこの雰囲気をお届けできているのか不安しかありませんが、さらに縮めて言うなれば、まるで森の中にいる気分でした。

fotos31.jpg


1992年に何もなかったこの土地を購入し、1994年からブドウ栽培を開始し始め、当初は他のワイナリーにブドウを売っていただけで自分たちではワインは作っていませんでした。
2001年からCatralaとしてワイン醸造を開始し、2003年のシャルドネがファーストヴィンテージとしてリリースされ、直後にそれがブリュッセル国際ワインコンクール金賞を受賞しました。

その後シャルドネの他に、ソーヴィニオンブラン、ピノノワール、メルロー、ゲヴュルツトラミネールが増え、今では5品種になり、畑の面積も拡大しました。

fotos11.jpg

201712050001243c3.jpeg 

ワイナリーのお隣りには、大きな公園があります。

1984年にユネスコの生物圏保存地域に登録されているカンパナ国立公園Parque national La Campanaです。

大きさは約8,000haの自然あふれる国立公園です。

20171205004923309.jpeg

20171205004924549.jpeg
(http://www.conaf.cl/)

オーガニック栽培、ビオディナミ農法にこだわりブドウを作っているCatralaはこの公園の影響を大きく受けています。

このお隣にある魅力的な大自然のお陰で、害虫たちもワイナリーの方には寄り付かず、被害を受けることもないそうで、栽培での苦労は少ないとのことでした。
20171205000123227.jpeg

しかしながら、それに代わりここでは霜害の対策で悩まされるそうです。

チリの中では冷涼といわれるカサブランカヴァレーの中でもさらに冷涼なオロスコでは、霜害は春の悩みの種だそうです。

気温が3℃を下回ると夜中でも構わずアラームが鳴るようになっているそうで、
春に眠りにつくときは『今日は鳴らないでー』と祈って眠ると話していました。


fotos22.jpg
fotos28.jpg

施設周辺も緑に囲まれています。

201712050001210a6.jpeg
20171205000120526.jpeg
2017120500011894c.jpeg
2017120500011764b.jpeg
20171205000114e50.jpeg

収穫時期の季節労働者の方を除き、基本的に8人がワイナリーで働いているそうです。

人と人との繋がりというものをとても大切に考えていて、輸出に際しても、自分たちのワインを愛情を持って扱ってくれる人や会社を選んで販売しているそうです。

チームの一員、Jorgeが作業している様子を見せてくれました。
(少し照れ気味でしたが、撮影許可いただきました。笑)

20171205000111e47.jpeg 

醸造施設はシンプルですが、清潔感溢れる印象でした。

20171205000103851.jpeg

20171205000105ed8.jpeg

20171205000109d1a.jpeg

IMG_7545.jpg
 
醸造施設に併設して、ティスティングなどをできるバースペースが設けられています。

2017120500010661f.jpeg

バーの壁面に飾られていた昔のデザインのボトルたち。
左から右に新しくなっており、キャップシールの色や中央に描かれている女性の大きさも変化しています。
(水色のキャップシールが現在のものです)
20171205152618191.jpeg


このエチケットの女性ですが、特定のモデルがいるわけではないそうです。

女性らしいワインだと感じたので、それをわかりやすくエチケットに表現しようと女性を描くことに決めて、ここの大自然の様子も伝わるよう昔の畑で働く女性をモチーフとしてエチケットのデザインが進んだそうです。

彼女にはカタリーナというニックネームまでつけられているそうです。

ニックネームとかつけちゃうお茶目さ、好きです♥
IMG_7587.png

現在ブエンモストで扱っているCatralaのワインは以下の2アイテムです。

Pinot Noir 2016
手摘み、低温発酵、自然酵母、新樽率50%、熟成期間10カ月、無濾過
イチゴやラズベリーなどの柔らかい果実味に、皮革のニュアンスもあり。
red4-6.jpg 

Chardonnay 2016
手摘み、低温発酵、自然酵母、MLF、フレンチオークで10カ月熟成
熟した果実、バター、ナッツなどのアロマをもつ芳醇な味わい。
P1070953.jpg

ご好評をいただいており、現在シャルドネは欠品中、ピノノワールも残り僅かとなり、現在入荷スケジュールの調整中です。

また詳細が決まりましたら、FB、インスタグラム等でご案内させていただきます!!

2017120500011519d.jpeg


帰ってからも、自分が楽しむようように買って帰ったワインたちを飲んでカトララを満喫しました。

Sauvignon Blanc 2016
2017120323565872a.jpeg 

Pinot Noir 2009, 2011, 2015

20171203235656c60.jpeg

201712032355556b3.jpeg

201712032355559ba.jpeg

20171203235553d80.jpeg

ただ飲んで楽しむつもりが最後にはこうなってしまいました。笑

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Viña Santa Cruz訪問【Chile 2017】

ブエンモストで扱っているワインのひとつChamanチャマンを作っているワイナリービーニャサンタクルスViña Santa Cruzを訪れました。

IMG_5086.jpg

IMG_7594.jpg

IMG_5087.jpg

ここはワイナリーツアーにもとても力を入れており、チリについて、チリワインについて知ることのできるの様々な施設も充実しています。

まずはそのご紹介から。

20171108024141215.jpeg

ここビーニャサンタクルスをご存知の方は、ロープウェーがあるワイナリーと覚えていらっしゃる方も多いと思います。

それほどインパクトのあるとっても立派な赤いロープウェー。
これに乗り、上へ上がります。

IMG_7591.jpg

ロープウェーからの景色です。

IMG_2680_20171108012834c80.jpg

上にはプラネタリウム、展望台、博物館、動物小屋、バー&カフェスペース、などなど、手作り感のある南米らしい空間もあったり、
いろいろな空間を楽しむことができます。

IMG_2675.jpg

IMG_7593.jpg

IMG_7592.jpg

IMG_5090.jpg

IMG_2698_20171108012840978.jpg

IMG_2697_20171108012839391.jpg

案内図がとってもCuteです。

IMG_2689.jpg

上からの眺めも絶景でしたが、うっとり見ていたら写真を撮り忘れてしまったので、季節は違いますかサンタクルスから頂いた写真を。

IMG_7597.jpg

IMG_7596.jpg


Central Valleyセントラルヴァレーの中のColchagua ValleyコルチャグアヴァレーのCostaコスタと呼ばれる海側に位置するLololロロルという場所に畑はあります。
(新しい栽培区域表示の導入により、現在は縦割りで、海側、山脈の間、アンデス山脈側と表示ができるようになりました)

20171108024143700.jpeg

ビーニャサンタクルスの畑は大きく三つに分類されます。

HPより拝借した地図。
こんな感じ↓

vinedo_clima.jpg

ですが、北を上にして見た方がわかりやすいかと思うので回転させてみました。

vinedo_clima 方角入り

南に位置するEl Peralと呼ばれる場所。
南極から流れてくるフンボルト海流の影響により、冷たい風が入り込みます。
その風の大部分は右側の丘の南斜面にあたり吸収されるため、反対側の斜面にある畑(Las Terrazas)や、北に位置するEl HuaicoではEl Peralに比べて湿度は半分になり、気温も3度くらい変わってくるそうです。

このような気候の特徴を見極め、栽培する品種を決めています。


ブドウの栽培を始めたのは設立より少し前からになりますが、ワイナリーの設立は2003年で、現在までの間に急成長を遂げ、今はソーラーパネルで電力をまかない、貯水池で灌漑用の水を貯めたり、除草には動物の力を借り、畑の肥料にコンポストを使うなど、環境に配慮しながらぶどう栽培を行なっています。

そして2015年にはWines of Chileより認証を受け、サステイナブルコードを取得しました。

20171108154008f6f.jpeg

醸造施設はシンプルな作りになっています。

IMG_2662.jpg

IMG_2665_20171108012829824.jpg

こちらでティスティングをしました。

IMG_2666_20171108012830072.jpg

IMG_2668_201711080128328a1.jpg


ブエンモストでも扱っている
Chaman Reserva Red Blend 2015
もティスティングしました。

201711080241437dd.jpeg

Chaman Reserva Red Blend 2015
チャマン レゼルバ レッドブレンド
Carmenere 88%, Cabernet Sauvignon 7%, Malbec 5%
手摘み収穫、フレンチオークで6ヶ月熟成

20171108151710084.jpeg

今回ティスティングには入っていませんでしたが、ブエンモストで扱っているワインは、レッドブレンドの他に下記の二種類があります。

Chaman Reserva Rose 2016
Cabernet Sauvignon 75%, Syrah 18%, Merlot 7%
セニエ法、生産本数3900本

20171108151713105.jpeg

Chaman Reserva Sauvignon Blanc 2016
Sauvignon Blanc 100%
フレンチオークで熟成させたものを10%ブレンド

201711081517131ab.jpeg


ご好評につき、現在欠品中のRed Blendとロゼですが12月上旬に入荷予定です。

また追ってFB等で入荷のご案内をさせていただきます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。