FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

ペルー料理屋巡り

ペルー料理にはまり中です。
             
チリでよくペルー料理を食べていたので、なんだかなつかしくて、ここのところ毎週末ペルー料理を食べています。笑

fpe.gif

3月上旬に友人の誕生日のお祝いで五反田のアルコイリスにいったことがきっかけでした。

一見知らないと入りにくい雰囲気のお店ですが、ローカル感出ていていい感じです。(人によりかもしれませんが私は大好きな感じです)

150x150_square_44409206.jpg 
(Photo by Tabelog)

乾杯の定番、ピスコサワー。
ピスコとは葡萄の蒸留酒です。
珍しい桜色のピスコサワーがでてきました。
チリでもみたことなかった、ピンク。

01-IMG_8080.jpg

そして、ペルーのビール、クスケーニャ。

02-IMG_8081.jpg

ノンアルコールの人はインカコーラ。

03-IMG_8082.jpg

そのときは人数も多かったのでコースにしたんですが、どれもこれもおいしかった!!

前菜はCebiche mixtoセビッチェ(魚介類のマリネ)

04-IMG_8084.jpg

Papa a la huancaina ポテトのワンカイーナソース(チーズペースのピリ辛クリーミーソース)

05-IMG_8085.jpg

Parrillasパリージャ(焼いたお肉たち)
大好きなアンティクーチョも入っていておいしかった~

07-IMG_8088.jpg

そして中華料理の影響を強く受けている2品。
Lomo saltadoロモサルタード(牛肉の炒め物・ごはん無しバージョン)

06-IMG_8086.jpg

Chaofaチャーハン。写真は撮り忘れました。

そしてその翌週もまたあの味と居心地の良さに惹かれ、アルコイリスに再来訪。

今度はAji de Gallina鶏のクリームチュー風を注文。

08-IMG_8219.jpg

2週にわたり行った結果、中でもParrillas焼いたお肉たちとChaofaチャーハンがお薦めです。

そしてその翌週は、表参道のALDOに行きました。

アルコイリスとは違い、大人な雰囲気のお店でしたが、ここもまた美味しかった~!!
そして週末でもランチセットがあるのはお得でうれしかったです。

10-IMG_8457.jpg

Lomo saltado牛肉の炒め物(ごはん有りバージョン)と

13-IMG_8460.jpg

Aji de Gallina鶏のクリームチュー風を注文。

12-IMG_8459.jpg

11-IMG_8458.jpg

チチャモラーダ。
紫トウモロコシのジュースです。
抗酸化作用があると言われるアントシアニンが豊富に含まれているそうです。

09-IMG_8456.jpg

両方美味しかったですが、私としてはLomo Saltadoが気に入りました!!

さらにその翌週は川崎にあるEl Carbonに行きました。

日曜日は13時半オープンという南米時間なこのお店、
私たちは15時にという中途半端な時間に伺ったにもかかわらずなんと満席でした。

4-FullSizeRender.jpg

注文したのは、
Pollo a la brasaペルー風ローストチキン(ハーフ)
これは行く前に予約しておいた方がいいようです。

1-IMG_8881.jpg

Lomo Saltado牛肉の炒め物

3-IMG_8870.jpg

Chaufa de Mariscos 海鮮チャーハン

2-IMG_8869.jpg

どれも抜群においしくて、これをお腹がはちきれそうというくらい食べました。
店員さんもやさしいし、お隣に座った方が話しかけてきてくれたりで、チリに戻ったかのような時間を過ごしました。

後日テイクアウトでチキンと、チャーハンと、アンティクーチョ(ハツ)を頼んで、友人宅にもっていったのですが、どれも一人前とは思えない量をモリモリに入れてサービスしてくれていました。

そしてブームは4月に入っても続き、先週も行ってきました!!

祐天寺にあるEl Cebichero

ここはとてもスタイリッシュで、入口にあるペルー国旗がなければペルー料理屋さんと気付かないほど。

5-IMG_9070.jpg

ランチは、金土日の1130-1400までだそうです。

注文したのは、この日のランチメニューサバのカジャオ風サルサと、

3-IMG_9067.jpg

Arroz con Mariscos(海鮮入りごはん)と、

4-IMG_9069.jpg

大好きなアンティークーチョ(牛ハツのスパイシーソース)を頂きました。

2-IMG_9066.jpg

あと、チチャモラーダも。

お店の感じとあった料理たちで、洗練されたペルー料理という印象でした。

1-IMG_9063.jpg

どこに行ってもおいしくて楽しくて、まだまだペルー料理熱は続きそうです。

そしてその熱とともに、再びチリシックに陥ってしまっています。

帰国して今までの大半の時間がチリシックな私です。。。


スポンサーサイト
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

L'AS

ずっと気になっていた南青山のL'ASに行ってきました。
(写真はHPより借用)

IMG-6029s.jpg
お料理のコースとコースに合わせたワインのペアリングをお願いしました。

まずはシャンパンから始まります。
DEUTZ ドゥーツBrut classic PN, ムーニエ、CH NV

01-IMG_7318.jpg

そして、ワインを飲むときの必需品、お水。

少しでも長く楽しむために、ワインと同量の、いやそれ以上のお水を飲むことを心掛けています。
それでも相変わらず酔っぱらいますが…

主人用にガス入りのお水も頼んだら、懐かしいのが出てきました。
ロンドンのレストランでよく見たこちらHILDON。
10年以上たった今でも覚えているものですね。

02-IMG_7325.jpg

まずは、ひとみ五寸人参のひとくちスープから始まりました。
上は温かく、飲むに進んで底の部分が冷たくなっている、その温度差を楽しむスープでした。

03-IMG_7327.jpg

お次はこちら。
料理:L'ASのスペシャリテ フォアグラのクリスピーサンド”キャラメル・オレンジ味”
ワイン:Misaki Mead ミサキミード
愛媛県のはちみつ酒。
蜂蜜もワインもフォアグラも大好きな私には最高の組み合わせで幸せでした。
見た目、体調など何も気にしなくていいなら、毎日この組み合わせを楽しみたいところです。

05-IMG_7330.jpg06-IMG_7333.jpg

料理:千葉県八街市のウネタさんの冬野菜ポトフ仕立て イタリア、ベッリア家から届くタルティーボのブレゼ
ワイン:勝沼醸造株式会社 Arugano Bosqueアルガーノボシケ 甲州 Koshu 2015
全体的に穏やかな感じが野菜のお出汁たっぷりのスープにぴったりでした。

07-IMG_7344.jpg

料理:ディジョン風豚すね肉のクロケット リンゴ・根セロリ・アンディーブのサラダ添え
ワイン:Testalonga El Bandito There is always one Rose ジンファンデル 2015
輸入者:ラフィネ株式会社
このワイン好みだなと思って家で調べていたら、先日割烹小田島で頂いたものと同じ生産者の方が作ったものでした。(その時の記事はこちら
あの時も美味しいなーと思っていたので、ここのワイナリーのものが相当好みだということがわかり、他のも飲んでみたいなーと俄然興味が沸きました。
08-IMG_7348.jpg

料理:青森県産桜鯛のポワレ、海藻菜の花添え 滑らかな卵黄とウニのソース
ワイン:Errazuriz エラスリスThe Blend White, Marsanne 50%, Roussanne 38%, Viognier 12% (Errazuriz訪問の記事はこちら
輸入者:ヴァンパッシオン
チリだからひいき目ということではなく、このマリアージュが一番しっくりきました。
でも正直なところ、世界中のワインがたくさんある中でチリのものが選ばれているだけで嬉しい気持ちにはなります!!

09-IMG_7353.jpg10-IMG_7359.jpg

料理:スペイン産ウズラのロースト ベッリア家マンマ直伝、タルティーボのリゾット添えグラナパダーノチーズ
ワイン:KIR-YIANNI RAMNISTA キリヤーニ ラミニスタ Xinomavro 2012
輸入者:モトックス

11-IMG_7361.jpg

お口直しとして出てきたのはミニトマトのコンポート、バジルのジュレ ピアノグリッロ(オーガニックオリーブオイル)添え。

14-IMG_7369.jpg

料理:名前は忘れましたが、チーズの下にイチジクのペースト(本当はバナナなんですが、私はバナナが苦手でして、お伝えしたら代わりにイチジクにしてくださいました)があり、上にアーモンドが散らしてあります。
ワイン:VdF Vendange Tardives 2011Cuvee Ivresse de Noe Savagninヴァンダンジュ・タルディヴイヴレス・ド・ノエ サヴァニャン
輸入者:ヴァンクゥール
こちらはメニューには入っていない、追加で注文できる一品。
甘口ワインとの組み合わせが抜群でとろけそうに美味しかったので、追加されることを強く強くおすすめします!!

13-IMG_7368.jpg12-IMG_7364.jpg

その後にヴァローナ・マンジャリチョコレートを使った濃厚なデザートが出てきました。
これに合わせたワイン、これが記憶が定かではないのですがバニュルスだったような…

この辺はもう酔いに任せて、記録するということを忘れかけていたころです。笑

16-IMG_7380.jpg

そして最後にこちらのケーキが出てきました。

息子の顔が描かれたケーキです!!薄毛の息子の特徴をよく捉えた似顔絵が上手すぎて、どこから食べてよいものか迷いながらもおいしく頂きました。
ステキなサプライズでした。

15-IMG_7371.jpg

実は先月のメニューにあったNYのシャルドネと穴子のパイというのに惹かれ、こちらのお店をリクエストしたんですが、残念ながら前日に新メニューに変わったそうです。
私らしい展開にアンラッキーだと思っていましたが、お料理に、ワイン、デザートとどれもおいしくて、アンラッキーにも、そして雪にも負けない、素敵な一日となりました。

1-IMG_7297.jpg

                  

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

誕生日@割烹小田島

主人の誕生日に割烹小田島に行きました。

主人の飲みっぷりもよーく知っている方なので、主人はいつも完全に身を任せて飲んでいます。笑

私はゆっくりと少しずつを心掛けていますが、飲んだことがないワインを飲むことができたり、お料理との合わせ方もすばらしくて、ついつい飲み過ぎます。

この日もおいしいワインとおいしいお料理とで、本当に幸せな時間を過ごせました。

thumbnail_02.jpg 
                                 (http://www.odajima.tokyo/


最初はこちらから。
いつもより泡具合が強めのすっきりしたシャンパンでした。

03-IMG_2955.jpg

04-IMG_2957.jpg

このアルザス、はまった~。
マグナムボトルで持って帰りたかった。

05-IMG_2958.jpg

06-IMG_2960.jpg

07-IMG_2961.jpg

↓食べかけです。
酔い始めの兆候。

08-IMG_2962.jpg

11-IMG_2967.jpg

10-IMG_2964.jpg

南アフリカのワイン。古樹のマスカット・オブ・アレキサンドリアから作られているそうです。
これ好きだなー

12-IMG_2969.jpg

初、チェコのワイン。

15-IMG_2973.jpg

チリにいるとき、幾度となくフォアグラ大根食べたい―と思い出したフォアグラ大根。

14-IMG_2972.jpg

この貴腐ワインもよかった~

13-IMG_2970.jpg

ここのワイン好きです~♡

17-IMG_2976.jpg

16-IMG_2974.jpg

18-IMG_2977.jpg

19-IMG_2978.jpg

20-IMG_2979.jpg

21-IMG_2980.jpg

このカベルネフラン、アルゼンチン産らしいです。
とーってもおいしかった!!

ここに来ると本当に幸せな気分になります。

23-IMG_2983.jpg 

22-IMG_2982.jpg

帰ってから誕生日ケーキを食べました。

わかる人にはわかるBの形のバースデーケーキです。
この日の為にオリジナルで注文しました。

01-IMG_2897-1.jpg

でも、ものの5分でこれです。
動物に食い荒らされたという言葉がぴったりな光景でした…。

02-IMG_2934-1.jpg


                        

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

サッポロビール千葉工場

サッポロビールの千葉工場に行ってきました。

01-IMG_1142.jpg

正直、あまりビールは得意でない私。

でも製造工程にはとても興味があります。

ワインを勉強し始めてからというもの、どんなお酒にでも興味を持ち始め、作る過程は特に気になっていて、以前からずっと見てみたかったのです。

そして教科書でだけで見て勉強するより、俄然興味が沸き、実際見た方が頭にしっくりきて入ってくる気がします。


こちらではまず施設内を係りの方が説明してくださいながら進んでいきます。

ここ千葉工場は東京ドーム4つ分のスペースがあり、国内にあるサッポロの工場内でも一番の生産量を誇り、全体の4割を作っているそうです。

タンクの数など数字が大きいものは私の記憶には残りませんでした…。笑

まずは美味しいビールを作るために必要な原料の説明。

二条大麦のサンプル↓
03-IMG_1180.jpg

ホップのサンプル↓
実際にはペレット状になってやってきて、ペレット状になったものを添加するそうです。

02-IMG_1177.jpg04-IMG_1182.jpg


麦汁を作るための仕込み室の様子↓
ここで大麦をふやかし、濾過し、できた麦汁にホップを加えて煮沸してビールらしさを出すそうです。

05-IMG_1195.jpg

仕込み室を再現したスペースで、その工程のビデオを見せてもらいます。
06-IMG_1198.jpg

↓その麦汁がこのタンクの中で6-8度で一週間ほどで若ビールに育ち、さらに0度で数十日で一人前のビールに育つそうです。
08-IMG_1206.jpg

サッポロビールには長い歴史があり、なぜ黒ラベルと呼ばれるようになったのか、なぜ星マークなのかなどみんなが疑問に思いそうなことを全部説明してくださいます。

09-IMG_1224.jpg

そして説明が終わり、最後はビールのティスティング。

10-IMG_1227.jpg
11-IMG_1228.jpg

カウンターで2杯まで生ビールを飲むことができ、飲みながら缶ビールを自宅で美味しく飲む飲み方についてレクチャーしてくださいました。
カウンターで提供してくれるビール、温度や入れ方など細部にまで気を付けているようで、主人曰く、抜群においしいビールだったとか。(外が暑いからーとかでなくね。笑)

12-IMG_1237.jpg 

土日は特に予約がいっぱいなことが多いようですが、ここお薦めです。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Le Bourguignonル・ブルギニオン@六本木

久々に六本木にあるLeBourguignonルブルギニオンに行ってきました。

IMG_1117_20160830013811176.jpg
https://s.tabelog.com

ランチで行くのは初めてでした。

席について、まずはハイビスカスのシャーベットの入ったシャンパンを頂きました。

これがとってもおいしかった。


01-IMG_1086.jpg

そして、これが食べたくて行ったといっても過言ではない人参のムースとコンソメジュレのウニ添え。
本当に本当においしくて、とろけそうに幸せでした。

05-IMG_1091.jpg


次にグラスで頼んだ白ワイン。AlsaceのSylvanerシルヴァネール。
これもバランスがよくておいしかった。全て美味しかったですが、中でもシルヴァネールとシャンパンの二つが特に好みでした。


02-IMG_1088.jpg


そしてMontcocuのSauvignon Blancと、ブルゴーニュのChardonnayも頂きました。

Sauvignon Blancはほんとさっぱりとしていて、NewWorldにはない感じが新鮮でよかったです。


03-IMG_1089.jpg

お魚のメインと共にごくごく飲んでしまいました。

07-IMG_1095.jpg



その後は、赤をオーダー。

私はお肉のメイン料理の内臓料理に合わせて、ボルドーのメルローを選び、主人はPinot NoirとChinonシノンのカベルネフランを頂きました。

10-IMG_1098.jpg 13-IMG_1106.jpg

08-IMG_1096.jpg 09-IMG_1097.jpg


そしてデザート。これまたおいしかった~

11-IMG_1100.jpg 12-IMG_1102.jpg

美味しいお料理やワイン、そして居心地の良い店内で幸せな時間を過ごせました。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。