FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

ブドウの苗木を植えました

長野県東御市にあるRue du vinリュードヴァンさんに定植のお手伝いに行ってきました。

08-FullSizeRender[1]

本当に勉強になりました。
机の上で勉強しているだけではなくて、実際に目で見ることは大事だなと改めて感じました。

この日は既に稼働している畑の抜けている部分を補う作業で、Sauvignon Blancソーヴィニオンブランの苗木を植えました。

04-FullSizeRender[1] (2) IMG_9944.jpg

そもそもなぜ抜けているかというと、写真の通りです。

10-FullSizeRender[2] (2)
          
幹を虫に食べられ、その部分より上に水分が行かなくなってしまったそうです。

写真の矢印の部分がっつり食べられています。
被害を受けた周辺部分は枯れていますが、根が切れた部分を見るととってもみずみずしい。(下の写真で伝わるかなー)
根はしっかり働いているけど、枝まで届かない状態なのですね。

11-IMG_9853.jpg


こういう被害は早期発見すると、対処できて抜く段階まで進まないそうです。
そして早期発見には見やすいよう周りの雑草を取り除くことが大事だそうです。
ただ、広い畑、手で雑草を抜いていたら何人いても手が足りません。
ということで、雑草をカットしてくれる機械を購入されたそうで、その雑草カットマシーンが動きやすいよう木と木の間隔などを調整しながら定植しているそうです。

そして未だ若い木たちの細い枝は、雑草と間違えてカットされることもあるので、竹で添え木をして雑草に間違えられないように対策しているそうです。

機械化するにもその下準備が大変なんですね。

07-IMG_9843.jpg

この竹たちが大事な役割を果たします。

06-IMG_9842.jpg

そして、植える作業ですが、既に接ぎ木されたものが用意されていて、少し芽も出始めているので、下の台木部分(下の少し太い部分です)を持って畑に運びます。
根が乾かないように気を付けます。

02-IMG_9828.jpg 09-FullSizeRender[2]

そして左右決められた間隔を開け、土をかぶせます。

linecamera_shareimage.jpg

植えたあとは、水やりです。
間に入った空気を抜いて、しっかり根と土を定着させるのに、一つの苗に対して大きいじょうろ一杯分なみなみとあげます。
水分が少ない方がいいとされるワイン用ぶどうには、これが最初で最後の水やりだそうです。

05-FullSizeRender.jpg

数年後の姿が今から楽しみです。

 

スポンサーサイト
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。