FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

Suntoryサントリー登美の丘ワイナリー

日本は只今GW真っ只中です。

4年ぶりのGW@日本です。

折角日本に居るのだから念願の日本のワイナリーも訪ねてみようと、サントリーの登美の丘ワイナリーに行ってきました。

見学者の為に、場内の流れや、施設がきちんと整えられているところが、チリのSanPedroというワイナリーと似ているなーと懐かしく感じました。(SanPedro訪問の記事はこちら

着いてすぐ総合受付へ行き、ゴールデンウィーク限定の自家ぶどう畑巡回バスツアーに参加できるということで、早速バスに乗り込んで畑へと行きました。
車内で説明を聞きながら、標高600Mの場所にある畑を目指します。

着いて、畑をみた第一印象、雑草の多さに驚きました。

途中で刈るするそうですが、根こそぎではなくカットするだけで雑草とブドウの木を共存させるそうです。

1-IMG_7133.jpg

3-IMG_7161.jpg

下記の写真はCSの木なのですが、上に針金のアーチがあります。

今まで見たことのないものだったので質問してみると、雨の時期に雨除けのカバーを置くためのものとのことでした。

チリはオフシーズンの冬にわずかに雨が降るだけなので必要ないので、こういうのはどこにもなく、今回初めて見ました!!!

2-IMG_7155.jpg

そして、もう一つ初めて見たものがありました。

棚仕立ての木。

垣根仕立てもありますが、棚で仕立てられているものもたくさんありました。

同じく、チリはシーズン中に降雨量も少ないので、棚にする必要がないのです。

でも日本はしっかりと梅雨があるので、棚仕立て多いみたいですね。


8-column_ph_tp02_01.jpg
(撮り忘れたため、棚仕立ての写真、サントリーさんのHPより拝借しました)


こんな感じで150haの土地で、葡萄が栽培されているそうです。

そして仕立てに関係なく、すべて手摘みで収穫されるそうです。

久々のブドウ畑で楽しい時間を過ごすことができました。


ツアーが終わって、ティスティングバーで以下の3つを注文してティスティングをしました。

1.  登美 CH 2012 販売価格10000円
2. 登美の丘 ビジュノワールBijou Noir 2012 販売価格3700円
3. 登美 CS45%, ML35%, PV20%  2009 販売価格12000円

4-IMG_7197.jpg

ビジュノワールって品種、山梨27号(甲州三尺×メルロ)とマルベックを交雑して作ったものだそうです。

他にもリースリングフォルテという同じく甲州三尺にリースリングをかけ合わせた品種も有ったりで、
日本のワインのことを知らなさ過ぎて勉強したいと感じました。

5-IMG_7207.jpg

6-IMG_7212.jpg   
7-IMG_7215.jpg



スポンサーサイト



Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。