FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 

Pulso訪問【Chile2017】

ブエンモストで扱っているワインの一つPulsoプルソを訪問しました。

今回案内してくれたのは醸造家のXimena Pacheco ヒメナ パチェコ。

2018020408333260c.jpeg


人の良さが溢れ出ていて、とても聡明で、初対面なのに話しやすくて、なんだか落ち着く素敵なオーラを持った女性でした。

ハンガリー、アルゼンチン、フランス、アメリカ、チリ(Montesモンテス、Vina Casablancaヴィーニャカサブランカ)など、世界各国で経験を積んだ後に、Pulsoを設立したそうです。

しかしながら、Pulsoは年間生産本数3500本と少なくまだ大きなスペースを必要としないので、醸造施設、保管場所はとあるワイナリーの一部を間借りしています。

今回はそちらのワイナリーにお邪魔して見学させていただきました。

IMG_5532.jpg

IMG_5524.jpg 

IMG_5523_201802032351259cd.jpg

そしてこの辺りがプルソコーナーです。

IMG_5528.jpg

収穫時期は大体3月2-3週目くらいだそうですが、それより若干早いもの、遅いもの、通常のもの、
果梗を混ぜるもの混ぜないもの、熟成容器のタイプ、などなどそれぞれをテイスティングさせてもらいました。

プラスチックの卵型タンク。

IMG_5529.jpg

FlexCube。
Bauzaでも使っていたこのCube。流行り?と思っていたら、Pulsoプルソの醸造家のXimenaヒメナとBauzaバウサの醸造家のNataliaナタリアはMejor Amiga(親友)だそう。
情報交換もよくしているそうです。

IMG_5526.jpg 

オーク樽。
樽からの風味をあまりつけたくないそうで、新樽は使わず、5回以上使用した樽を使います。

IMG_5525.jpg

そして瓶詰めされたものはティスティングルームでいただきました。

IMG_5533.jpg 

Pulsoの品種はMalbecマルベック100%です。

一般的にMalbecマルベックと言えば、アルゼンチンのイメージをお持ちの方が多いと思いますが、
意外とチリでもマルベックを生産しているワイナリーはあります。

そのうちの多くは、熟した黒い果実の風味のフルボディに仕上がった、伝統的な力強いイメージのマルベックなのですが、Pulsoプルソはさわやかな花の香りや赤系果実の風味を持つエレガントなタイプの仕上がりになっています。

IMG_5537.jpg 

畑のあるColchaguaValleyコルチャグアヴァレーは日照量の多い地域ですが、
Pulsoを作っているLololロロルのエリアは、縦割りではCostaコスタと呼ばれる海側に分類される海岸から35㎞の地点にあります。
1439489931005.png
(http://www.pulsowines.com/)

がLololです                    
fondo-todos-areas.jpg
(http://winesofchile.org/)

午前中はアンデス山脈からの山風、午後は南極からフンボルト海流に運ばれてきた冷たい海風が吹きこみ、畑に冷涼効果をもたらしています。
アルゼンチンのように標高は高くありませんが、標高に代わる冷涼効果により、酸もしっかり保ちつつ、緩やかに熟成し、高い品質のブドウを作ることができるのです。

彼女は5年の歳月をかけてチリのあらゆる場所を調べ、そしてこのLololロロルの地と出会い、この畑に自分の情熱を注ぎこむことを決めました。
そしてこの場所に最も適した品種は何か考え、まず最初にマルベックを作ることにしたそうです。

pulso.jpg

このマルベックのファーストヴィンテージは2013年で、順を追っていくと2年目は2014年、3年目は2015年(2017年1月にボトル詰め)、そして2016年ですが、この年のぶどうは求めているものと違う!!ということでPulsoを作ることを断念し、ぶどうはほかのワイナリーに売ってしまったそうです。
ということで4年目は2017年、現在熟成中のものになります。

『そんなに完璧なものにしなくともある程度のものはできたのでは?』と頭をよぎってしまいましたが、
目先の損得勘定に流されない、Ximenaのこだわりに安心感を覚えました。


IMG_5535.jpg  

現在は、畑の一部でほかの品種も栽培しています。

CabernetFrancカベルネフランで造ったワインも好評だそうで、チリの有名店"BORAGoボラゴ"で全て買い取りたいと熱烈オファーが来ているそうです。

このBORAGoはチリのベストレストランでは1位、南米のベストレストランにも例年5位以内には入るチリではとても有名なレストランです。

latam-2017-logo.png

独創的な見た目で、目でも舌でも楽しめるお料理に、チリワインとのマリアージュも堪能できる素敵なお店です。
(BORAGo訪問の記事はこちら

そんな様子で、残念ながらこちらのファーストビンテージはチリから出る間もなく、売り切れてしまいそうです。。。

IMG_0008.jpg 

今回訪問して、お話してみて、Ximenaヒメナがワインに惜しみなく愛情を込めて育てている様子がひしひしと伝わってきました。

そして、生産本数が多くないので広がりは緩やかにではありますが、PULSOプルソのワインの良さが認知されてきているように感じます。

彼女のひたむきな努力が徐々に実を結び、大きく花開く日も遠くないなと思いました。

本当におすすめの一本です。

FullSizeRender-2c_b.jpg 

現在ブエンモストで扱っているのはマルベックの2013年のものです。

プルソ マルベック 2013 コルチャグコスタ ロロル
手摘み収穫、天然酵母、12カ月熟成
はつらつとした酸、赤系果実、花の香りを感じるエレガントな仕上がりのワインです。

Ximena y Pulso30577

機会があればぜひぜひ味わってみてください!!

スポンサーサイト
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Viña Santa Cruz訪問【Chile 2017】

ブエンモストで扱っているワインのひとつChamanチャマンを作っているワイナリービーニャサンタクルスViña Santa Cruzを訪れました。

IMG_5086.jpg

IMG_7594.jpg

IMG_5087.jpg

ここはワイナリーツアーにもとても力を入れており、チリについて、チリワインについて知ることのできるの様々な施設も充実しています。

まずはそのご紹介から。

20171108024141215.jpeg

ここビーニャサンタクルスをご存知の方は、ロープウェーがあるワイナリーと覚えていらっしゃる方も多いと思います。

それほどインパクトのあるとっても立派な赤いロープウェー。
これに乗り、上へ上がります。

IMG_7591.jpg

ロープウェーからの景色です。

IMG_2680_20171108012834c80.jpg

上にはプラネタリウム、展望台、博物館、動物小屋、バー&カフェスペース、などなど、手作り感のある南米らしい空間もあったり、
いろいろな空間を楽しむことができます。

IMG_2675.jpg

IMG_7593.jpg

IMG_7592.jpg

IMG_5090.jpg

IMG_2698_20171108012840978.jpg

IMG_2697_20171108012839391.jpg

案内図がとってもCuteです。

IMG_2689.jpg

上からの眺めも絶景でしたが、うっとり見ていたら写真を撮り忘れてしまったので、季節は違いますかサンタクルスから頂いた写真を。

IMG_7597.jpg

IMG_7596.jpg


Central Valleyセントラルヴァレーの中のColchagua ValleyコルチャグアヴァレーのCostaコスタと呼ばれる海側に位置するLololロロルという場所に畑はあります。
(新しい栽培区域表示の導入により、現在は縦割りで、海側、山脈の間、アンデス山脈側と表示ができるようになりました)

20171108024143700.jpeg

ビーニャサンタクルスの畑は大きく三つに分類されます。

HPより拝借した地図。
こんな感じ↓

vinedo_clima.jpg

ですが、北を上にして見た方がわかりやすいかと思うので回転させてみました。

vinedo_clima 方角入り

南に位置するEl Peralと呼ばれる場所。
南極から流れてくるフンボルト海流の影響により、冷たい風が入り込みます。
その風の大部分は右側の丘の南斜面にあたり吸収されるため、反対側の斜面にある畑(Las Terrazas)や、北に位置するEl HuaicoではEl Peralに比べて湿度は半分になり、気温も3度くらい変わってくるそうです。

このような気候の特徴を見極め、栽培する品種を決めています。


ブドウの栽培を始めたのは設立より少し前からになりますが、ワイナリーの設立は2003年で、現在までの間に急成長を遂げ、今はソーラーパネルで電力をまかない、貯水池で灌漑用の水を貯めたり、除草には動物の力を借り、畑の肥料にコンポストを使うなど、環境に配慮しながらぶどう栽培を行なっています。

そして2015年にはWines of Chileより認証を受け、サステイナブルコードを取得しました。

20171108154008f6f.jpeg

醸造施設はシンプルな作りになっています。

IMG_2662.jpg

IMG_2665_20171108012829824.jpg

こちらでティスティングをしました。

IMG_2666_20171108012830072.jpg

IMG_2668_201711080128328a1.jpg


ブエンモストでも扱っている
Chaman Reserva Red Blend 2015
もティスティングしました。

201711080241437dd.jpeg

Chaman Reserva Red Blend 2015
チャマン レゼルバ レッドブレンド
Carmenere 88%, Cabernet Sauvignon 7%, Malbec 5%
手摘み収穫、フレンチオークで6ヶ月熟成

20171108151710084.jpeg

今回ティスティングには入っていませんでしたが、ブエンモストで扱っているワインは、レッドブレンドの他に下記の二種類があります。

Chaman Reserva Rose 2016
Cabernet Sauvignon 75%, Syrah 18%, Merlot 7%
セニエ法、生産本数3900本

20171108151713105.jpeg

Chaman Reserva Sauvignon Blanc 2016
Sauvignon Blanc 100%
フレンチオークで熟成させたものを10%ブレンド

201711081517131ab.jpeg


ご好評につき、現在欠品中のRed Blendとロゼですが12月上旬に入荷予定です。

また追ってFB等で入荷のご案内をさせていただきます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Caliterra訪問

随分前になりますが、首都サンティアゴから約140km離れたところにあるColchaguaValleyコルチャグアバレーにあるCaliterraというワイナリーを訪問しました。

cmn_logo.jpg  brand_pic_mark.jpg

ワイナリーに到着後、まずはウェルカムドリンクとしてTributoのChardonnayとCabernet Sauvignonを飲みながら、エノロゴのRodrigo Zamoranoさんが中心となり、お話をしてくださいました。


1996年にRobertMondaviロバートモンダヴィとErrazuriz家により作られ、1997年当時210haだった土地も、今では326haの土地を使って、自然環境を大切にしながらワインを栽培しています。 


IMG_5536-001.jpgIMG_5605-001.jpgIMG_5608-001.jpgIMG_5540-001.jpgIMG_5606-001.jpgIMG_5539-001.jpgIMG_5611-001.jpg
                   

軽くつまんでのんびりしたあと、これにのって畑を移動しました。

IMG_5597-001.jpgIMG_5614-001.jpg

ちょこちょこ降りて畑を見ながら、しばらくして少し高台になったところで降り、Edicion Limitada A, 2011, Colchaguaをティスティングしました。

IMG_5624-001.jpgIMG_5557-001.jpg

このEdicion Limitadaは3種類あります。
一見わかりにくいのですが、エチケットに記載されているアルファベットが違います。

Caliterra-Edic-Limit-A_2013_20160208195455e66.jpg

Aは、基本的にはマルベックとカルメネールのブレンド(メインは年ごとに変わる)で、年によりPVも入るそうです。
私たちがティスティングした2011年はCarmenere 46%, Malbec 54%でした。


Edic-Limit-B_2013_20160208195457944.jpg

Bは、2010年はCFメイン、2011年2012年はCSメイン、2013年のBはPVがメインとなっていて、年ごとにブレンドする品種も割合も大きく変わる様です。


Caliterra-Edic-Limit-M_2013_baja_20160208195457045.jpg

Mは、毎年シラーがメインでブレンドされる品種は年によって変わります


IMG_5553-001.jpgIMG_5562-001.jpg

最後はここのアイコンワインであるCenitをティスティングしました。

Cenit,Cabernet Sauvignon 62%, Carmenere 11%, Malbec 16%, Petit Verdot 11%, 2011, Colchagua

樹齢17年の木で栽培されたぶどうを使って、18カ月樽熟成させて作ったワインです。

IMG_5576-001.jpgIMG_5601-001.jpg

とてもエレガントでおいしかったのですが、日陰のないこの場所、飲んでいるうちにワインの温度があっという間に上がってしまったのが少し残念でした。

でもこのお天気でワイン畑に囲まれてワインを飲めて、最高に幸せな時間でした。

IMG_5565-001.jpg

日本では、アサヒビールさんがカリテラを扱っているようですね。(アサヒビールHP




Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Montes

先日学校の課外授業でMontesに行ってきました。

授業の内容は公開できないことになっていますが、醸造家の方にご説明頂いたり、以前に個人的に行った時よりもいろいろじっくり見ることができてまた違ったモンテスを楽しむことができました。

(このあと、このワイナリーについてのレポートの提出があるので、メモを取ることに必死でしたが・・・)


P1070381.jpgP1070544.jpgP1070447.jpgP1070454.jpg  

そしてお昼はチリの定番アサード。
とってもおいしかったです。

P1070554.jpg  P1070558.jpg P1070556.jpg

モンテスのエチケットに描かれている天使たちがあちこちにいました。

P1070476.jpg 

朝8時過ぎに集合して、サンティアゴに戻ってきたのは夜の9時。
バスでの移動、往復六時間。
結構疲れた~!!

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Sutil

先日ワイン屋さん主催のツアーでColchaguaコルチャグアバレーにあるSutilスティルというワイナリーに行ってきました。

このツアーに参加するまで知らなかったワイナリーでしたが、飲んだことのないワイナリーのワインも飲んでみるいい機会なので参加しました。

ここのツアーはワインに詳しい人たちが多く参加しているので説明も詳しく、且つワイナリー側もいろんな種類のワインを出してくれるので、個人的にワイナリーを巡るよりお得なことが多々あります。

まずは施設見学。

タンクや配管が大がかりで、工場見学のレベルです。

タンクが屋外に置いてあるのを初めてみました。

IMG_7251.jpgIMG_7252_20150301045032d5c.jpg IMG_7257_20150301045033924.jpg


袋に入れてラベルを貼って箱に入れるという作業を手作業でされていました。

箱詰めして輸出だそうです。
ここのワイン、生産量の98%は輸出だそうです。
日本には輸出していないみたいですが、アメリカ、イギリス、ブラジル、ロシアなどにも輸出されているそう。

P1070314.jpg
 



さて、施設見学のあとは、ティスティングからのランチです。

お庭の一角のこのスペースで行われました。

P1070339.jpg

ティスティングしたのは6種類。

Canto de Piedra Reserva/SB/2014/Limari
Canto de Piedra Reserva/CH/2014/Limari
Aluvios de Limari Grand reserva/Syrah/2012/Limari
Aluvios de Limari Grand reserva/CS/2012/Maipo
Aluvios de Limari Grand reserva/SyrahCarmenere/2012/Colchagua
Acrux/blend(CF,CS,Carmenere, PV, Syrar)/2012/Colchagua

Canto-de-Piedra-SB-2012.png Canto-de-Piedra-CH-2012.png BOTELL~3 BOTELLA-ALUVIOS-MAIPO-CS-BAJA.png BOTELLA-ALUVIOS-TINGUI-CA-BAJA.png BOTELLA_ACRUX_ALTA_2012_nuevo_logo-1-final-final.png



ランチメニューは定番のこちら、チリ版BBQ、アサードです!!
チリに来た当初は、焼いたお肉と付け合わせでなんでチリ人は毎週末アサードしたがるのかなーと思っていたけど、今やすっかりはまってこの写真見ただけでアサードが恋しくなります。

IMG_7265_20150301045035101.jpg

ここは宿泊施設もあります。

P1070331.jpgP1070328_20150301073541ca2.jpg IMG_7264_20150301045034147.jpgP1070350.jpg
P1070348.jpgP1070347.jpg

帰りは休憩にも立ち寄らず、みんな爆睡モードであっという間につきました。


Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。