FC2ブログ

チリワインのブログ | Vinos de Chile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by  Akiko Nagae on  | 

Cerveza 日本のビール

翌日はエビスビール記念館に出掛けました。

20180621234529d2c.jpeg

日本語のツアーしかないため、私がところどころ説明するものの全く追いつきません。笑
ですが、彼女はビールの作り方についてもよーく知っているので、わずかな説明でも察してもらえてとても助かりました。

2018061501241437f.jpeg


最後にテイスティングです。
ティスティングのイメージを超えたボリュームに驚いていました。

2018061501241619a.jpeg 
2018061501241764e.jpeg 

ビールの後は、また日本酒です。
同じ恵比寿にある君嶋屋さんに行きました。

2018062123173479a.jpeg
(http://www.atre.co.jp/)

バースペースで三種類の日本酒の比較試飲ができるセットを注文しました。

以前は全く何もわからずに飲んでいたのですが、今回はWSETSakeで学んだことが役に立ち、少し説明をすることができました。

20180622011454933.jpeg

そしてこれらを飲みながら、再訪したい国No1は日本!!と、日本の魅力をたくさん語ってくれました。

『タクシーの座席のシートがきれいで真っ白!! 自動ドアもハイテクだし。そして運転手さんがみんなスーツを着ているなんて、ほかの国で見たことある?!!』と言われ、気付く。

そういえばスーツ着てる。
一日中運転するのにスーツって、大変。
当たり前の光景過ぎて疑問に思わなかったけど、ほかの国でスーツ着てる運転手さんって出会ったことない。

チリで街中を走っている黄色のタクシーだと、座席のシートが破れていてもよくあることだし、なんなら中の素材も出かかっているのとかあるし、運転手さんの服装どころかこちら側の服が(白系なんて特に)薄汚れるの覚悟しているし、車内がきれいだと珍しい、ラッキーと思うくらいだったんだ。。。忘れていた。

『道にゴミが落ちてない』
そういえば。
落ちているところもあるけれど、チリより圧倒的に少ない。

『電車が時間ぴったりに動いている』
これは本当に助かる。
チリで予定を詰め込み過ぎると時間通りいかなくて焦る。

言われれば言われるほど日本ってすごいと改めて感じるのに、なぜだか私は真逆でゆるーい雰囲気のチリに惹かれるのです。

友:『チリに帰りたくなーい!!』
私:『私が代わりに行きたーい!!』

とお互いの国に惹かれあい、お互いの国を褒め合っていたのでした。

201806150124181e4.jpeg

スポンサーサイト
Category : その他
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

Bienvenida a Japon ようこそ日本へ

先日、チリから来た友人と一緒に日本酒の酒蔵見学に行ってきました。

東京都福生市にある石川酒造さんです。
英語のツアーもあります。

2018061501012432a.jpeg

ソムリエの学校のクラスメイトだった彼女は、今回の旅で買ったものはほぼ日本酒というくらい日本酒に興味深々で、案内してくれた方の説明を熱心に聞いていました。

201806150101264d7.jpeg

20180615010121e4f.jpeg

明治13年に建てられ、その後起こった数々の地震でも崩れることなく残った頑丈な酒蔵です。

20180615010119b96.jpeg

201806150101218d1.jpeg

樹齢400年を超えるケヤキの木です。

201806150101249bc.jpeg

表札にある石川彌八郎というお名前は、石川家当主が代々襲名していて、現社長は18代目だそうです。

201806150101272df.jpeg

このあたりは、春には八重桜、夏にはさるすべりがきれいに咲くそうです。

20180615010129857.jpeg

ひとつひとつの質問に丁寧に説明してくださって、時間をオーバーしてガイドさんを独占してしまいましたが、大変勉強になりました!!


そして最後にティスティングをしました。

(左から)
純米酒 たまの八重桜
純米大吟醸 新選組
純米生原酒 多満自慢さらさらにごり
梅酒 八重桜

それぞれタイプが違うので比べるのは難しくて、どれもよかったけれど、彼女は新選組が好みだったようです。
ただ”新選組”という名前は覚えるのが難しかったらしく、ラベルの松本零士さんの絵にちなんで"Matsumoto"と呼んでいました。

20180615010130c9b.jpeg


久しぶりの再会でしたが、一緒に勉強していた頃に戻ったように楽しい一日となりました。

20180615011457f77.jpeg

Category : その他
Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

WINE Tokyo 2018

昨日はワイン東京に行ってきました。

去年はセミナーに参加しただけでしたが、あれから一年。(その時の記事はこちら
年々一年が短くなっているように感じます。

20180518143632ca3.jpeg



今回はクロワッサンスさんとブースをシェアして出展しました。

行ったことがあるお店の方がいらっしゃったり、全国各地から多くの方がいらっしゃるとても賑やかなイベントでした。

短い時間でしたが、いろいろな方とお話をさせていただくことができ、刺激を受けた楽しい時間となりました。

ブースにお立ち寄りいただきました皆様、ありがとうございました‼︎

201805181436346d1.jpeg

実は、この前夜にステキなお知らせが舞い込み、みんないつもよりご機嫌で当日を迎えていました。

この日のテイスティングアイテムにもあったCasaBauzaの醸造家ナタリアが、チリのCavという雑誌でTim Atkin MWが選ぶ若手醸造家部門で選ばれたというニュースでした。

201805181436323c1.jpeg

2018051814363029b.jpeg

もうすぐ出産を控えたナタリア。
公私ともに絶好調な様子です。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

LomaLarga訪問【Chile2017】

LomaLargaロマラルガというワイナリーにも行ってきました。

IMG_4989.jpg

ここもチリに住んでいた頃に何度も足を運んだ大好きなワイナリーです。

居心地も抜群ですが、とても美味しいのにお手頃、家飲みにぴったりなワインが揃っているのもお気に入りのポイントです。

チリだからお手頃ワインがほとんどでは?と思われがちですが、お手頃ワインは沢山あれど、おいしさとお値段のどちらにも満足するものはチリでもなかなか出会えません。

因みに、今まで出会った750ml入りワインの最安値は日本円で約150円でした。(そのときの記事はこちら


と、話が逸れましたが、、、
LomaLargaロマラルガですが、カサブランカヴァレーにあります。

カサブランカヴァレーのメインの通りから少し奥に入ったところにあり、こじんまりしたとても静かでよいところです。

IMG_4987.jpg

IMG_4942.jpg

畑や施設内は特に変わっていませんでしたので、さらりと。

IMG_2577.jpg

IMG_2567.jpg

IMG_2579.jpg

唯一の変化はこちら、Espumanteスパークリングワインが増えていました。
カベルネフラン100%で、トラディショナル方式で作られています。

2018032122070512e.png

IMG_2581.jpg

IMG_2580.jpg

外のリラックスした雰囲気の中でテイスティングさせてもらいました。

IMG_4979.jpg

IMG_4962.jpg

IMG_4960.jpg

テイスティングシートを見て、詳しいお話を聞きながらのティスティングも好きですが、何度か来ているここでは、のんびりテイスティングの方がこの時の気分にもぴったりで、更に楽しい時間となりました。

フラッグシップのLomaLargaロマラルガ、どの品種もよいのですが、私はシャルドネ、ピノ、カベルネフランが特に好みでつい手が伸びます。
そしてLomas del Valleロマスデルバジェのラインはロゼに惹かれます。
このブルーとピンクのステキな組み合わせの外観も好みです。

2018032122070870b.jpeg

今回もきれいだなーと眺めていたのですが、以前にワイナリーを訪問した時のブログにも同じことを書いていました。
(その時の記事はこちら

数年の時を経て、私の好みも変わりませんでしたが、ロマラルガも変わりなく、相変わらずステキな雰囲気のあるワイナリーでした。



Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 

樽のホテルCava Hotel 【Chile2017】

Rapel Valley(ColchaguaValley+CachapoalValley)にいた間に樽のホテルに宿泊しました。

Cava Colchaguaカバ コルチャグア。

オーナーのご家族が経営しているワイナリーで実際に使っていた樽を利用して、お部屋を作っているそうです。

35307123.jpg

2018030800102547a.jpeg

まだコートが必要な気温だったので室温が気になっていましたが、暖房がしっかり完備されていて、つけていればとても暖かい。

部屋のタイプによっても違いますが、私が宿泊したのは一階が浴室、二階が寝室になっていました。

室内もとてもきれいで、予想していたよりはるかに快適に過ごせました。

うまく写真に収められなかったので、HPの写真をご覧ください。

35307176.jpg

35307188.jpg



受付や、カフェがあるこちらの共有スペース。

35307215.jpg

35307196.jpg



二階は暖炉のそばにソファがあってくつろぎの空間になっていました。

35307216.jpg
(www.cavacolchagua.cl)

部屋に荷物置いて、このソファスペースで、振舞われたウェルカムワインを飲みながら、のんびりとくつろぐことができました。

20180308001017175.jpeg

朝ごはんは1階のカフェでいただきます。

20180308001020ab7.jpeg 

チリらしい朝食で、アボカドペーストをトーストにのせて食べたり、朝から甘いものやフルーツがたっぷり用意されています。
私はこのトーストが大好きなので、朝から沢山食べることができて幸せでした。

2018030800101933f.jpeg

20180308001019dca.jpeg

朝食後は敷地内を少しお散歩。
空気が濃くて、ホテル内を歩いているだけで癒されます。

20180308001024c1f.jpeg

20180308001022764.jpeg


写真はありませんが、裏手に進むと建設中の部屋がいくつかあり、これからまだまだ増える予定だそうです。

どんな姿に変わっていくのか楽しみです。

Posted by  Akiko Nagae on  | 0 comments 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。